こどもキャンプ

やりたいこと、たのしいこと、すてきなことは、自分で見て、かんがえよう。
やりたいことを自分(じぶん)できめて、なっとくするまで、やってみよう。
夢中(むちゅう)になれることを、自分でかんがえて見つけよう。
努力(どりょく)だけでなく、『夢中になる』ことがたいせつ。
自分の夢(ゆめ)や、将来(しょうらい)を、前向(まえむ)きに自分でかんがえきめること。
自分の手と体で、いろいろなものを作り出せる、その可能性(かのうせい)。
それを感(か)じてみよう。
豊(ゆたか)かな自然(しぜん)の中で、心と体と頭を使って、自分の『本当にやりたいこと』を探索(たんさく)しよう。
自分の『夢』や『目標』を、実践・実現(じっせん・じつげん)している大人と、その場所と出会い体験(たいけん)しよう。

遊びも、人とのつながりも、生活も、大人が決めた決まり事でなく、みんなで考えその時、その場で作ってゆきます。
プログラムも、集まった子どもと話しながら、みんなが心地よくすごせるものにしてゆきます。
こどもキャンプは、そんなちょっと変わった体験キャンプです。


いちばん新しいおしらせ

2022夏 参加者と、ボランティアスタッフ募集中

チラシ1
★関東でいちばん人口の少ない村 ★東京の奥座敷 ★東京の水源の森 ★鬼滅の刃の主人公の生まれ故郷、雲取山の麓・・・
山梨県北都留郡丹波山村でのこどもキャンプ。
こんなことが楽しめます・・・
釣り、魚のつかみ取り、自然素材の物づくり、川遊び、ワサビ収穫、こんにゃく作り、シャワークライミング、ナイトウォーク、丹波山産のジビエ・野菜を使った直火調理の料理づくり
こんなことが知れます・・・
※標高2,000m級の山々に囲まれた東京の最西端、最深部の秘境で、知らなかった東京を知るキャンプです。

チラシ2
チラシ3

東京の地図を見ると西側1/3ほどは、標高1500~2000メートルの山々に囲まれた奥深い山地です。
東京の最西端、JRの終点駅『奥多摩』に着くと高い山に囲まれた大自然! 「本当にここ東京!?」こどもたちの、そんな声が聞こえるようです。
奥多摩駅から路線バスに乗り、東京都と山梨県の都県境が丹波山村(山梨県北都留郡)です。
関東で一番人口の少ない村、東京都民の水源の村、そして人気漫画「鬼滅の刃」の主人公、竈門炭治郎の出生地「雲取山」の麓にある村です。 関東の秘境と言われ、夏でも涼しく、山と渓流の自然に恵まれ、釣りやシャワークライミング、川遊びと夏のアウトドアを存分に体験できます。 そんな東京の奥座敷の大自然を満喫し、『知らなかった東京』を発見するキャンプです。

最新情報一覧